【12月30日(水)】市中感染終息、学校再開を許可(ロコモ社提供)


カンボジア教育省、学校の再開を許可


 フン・セン首相による「新型コロナ市中感染終息宣言」を受けて、カンボジア教育青年スポーツ省は、閉鎖されていた国立・私立学校の再開を許可した。

 同省の通達によると、「すべての国立教育機関は、新型コロナウイルス感染症対策を実施し、ソーシャルディスタンスを維持し、必要に応じてマスクを着用することなどを前提に、2021年1月11日に入学式を実施する」という。また、私立教育機関については、12月29日より、同様の感染症予防策をとったうえで再開を許可する、としている。

 また、労働職業訓練省も、12月29日付で技術及び職業訓練教育機関の再開を許可した。

 カンボジアで初めての市中感染は、その発生日から「11月28日事案」と呼ばれているが、これまでに41人の感染が確認された。しかし、12月15日以降は新たな感染者が確認されていないことから、フン・セン首相は29日、終息宣言を出した。

(ロコモ社提供)



​海外旅行保険対応(キャッシュレス)

​日本人常駐。信頼と実績の専門医。

raffles logo.jpg

日系初の日本人医師によるクリニック

カンボジアでの銀行手続きをすべて日本語でサポート

starts logo big.png

​プノンペンの物件探しはお任せください。