12月15日(火)【新型コロナ、ワクチン購入】寄付金は4800万ドルに(クメールタイムズより)


クメールタイムズ提携記事


2020年12月15日

 フン・セン首相は12月15日、国営テレビで放送された演説の中で、新型コロナのワクチンを購入するために募った寄付金が、38,000人以上からの4800万ドルに及んだ、と語った。フン・セン首相は、「このような国民的運動となることを私は予想していなかった。この寄付行為を、国民を守る柱と呼びたい」と、述べた。

 また、世界保健機関(WHO)が主導するワクチンの共同購入システムCOVAXを通じて、人口の20%、約320万人分のワクチンが入手できることを明かした。COVAXは、参加国がワクチンを共同購入し、途上国については一部負担により人口の20%を上限とするワクチンを入手できるようにしたシステムだ。フン・セン首相は、COVAXから5%の負担を求められた、と語った。しかし、フン・セン首相はワクチンについて、「WHOの承認が出るまではワクチンの使用を許可しない」としている。「カンボジアはワクチンの実験台ではない。WHOが承認したワクチンが入手できるまで、私たちはマスクをしてじっと待っている」と、述べた。


原文:https://www.khmertimeskh.com/50793406/ministers-of-health-and-finance-sign-a-deal-to-obtain-20-percent-of-covid-19-vaccine-via-covax/



raffles logo.jpg
starts logo big.png

​プノンペンの物件探しはお任せください。

カンボジアでの銀行手続きをすべて日本語でサポート

​詳しくはバナーをクリックして要項をご覧ください!

​ジャパンデスクまでお気軽にお尋ねください。

​日本人常駐。信頼と実績の専門医。

​海外旅行保険対応(キャッシュレス)

ビジネスのトータルサポート