【2月20日(土)】プノンペンで新型コロナ市中感染、32人が陽性


 カンボジア保健省によると、プノンペン都内で32人の新型コロナウィルス感染者を確認した。保健省によると、感染者はダイヤモンドアイランド(コー・ピッ)のクラブ「N8」を利用した人がほとんどとみられ、地元紙は32人がすべて中国人だと報じている。32人のほか、現在も接触者などを追跡中。(写真は封鎖されたコンドミニアム)

 フン・セン首相は20日朝、国民に向けてテレビで演説をし、新たな市中感染「2・20事案」が発生したことを明らかにした。また、演説後、フン・セン首相は緊急閣僚会議を開き、対策を検討した。

 クメールタイムズ紙の報道によると、2月19日、プノンペン滞在中の中国人女性が国外へ旅行しようとして受けた新型コロナの検査で、陽性と判明した。その女性と接触のあった人たち(ほぼすべてが中国人)を検査したところ、多くが陽性となり、その数は20日朝までに32人にのぼった。

 フン・セン首相は「感染の始まりが明らかにカンボジアであるということは、これまでになかったことだ。タイやベトナムから持ち込まれる感染対策に格闘しているさなかに、悪い知らせだ」と、述べた。

 クメールタイムズ紙によると、今回の市中感染の始まりは、数日前、ソカ・ホテルに隔離されていたが警備員にわいろを渡して逃げた4人である可能性が高いという。彼らはソカを出て、都内のコンドミニアム数か所に数日滞在した。新型コロナ検査では、この4人のうち2人が陽性だったという。4人を逃がした警備員は聴取のため身柄を拘束されている。また、クラスター感染の中心となったダイヤモンドアイランドのクラブN8は、現在閉鎖されている。

 フン・セン首相はテレビ演説で、感染者が旅行に出る計画だったことから、その前に検査ができたことは幸運だった、とした。また、感染者が全員中国人だったからといって中国人を差別することのないよう述べ、「感染者の早期発見と、接触者の迅速な追跡により、感染拡大をいまのところ食い止めることができ、感染者の治療に取り組めていることは素晴らしい。2月中には収束できるだろう」との見通しを語った。

 フン・セン首相は、2・20市中感染事案をもってすぐに学校を閉鎖する考えはない、としている。しかし、適切な予防措置がとられていない場合は厳しく対処する、とした。

 首相は「われわれは、関係各所、関係するすべての人たちに、念入りな上にさらに念入りな予防措置をしてウイルスを封じ込めるよう指示をした。もしだれもがこの指示に従っていれば、学校や大学や他の機関を封鎖することはしない。しかし、もしこの指示が無視されているようなら、閉鎖もあり得る。しばらくの間、特定の場所について立ち入り禁止となり、その地域の住民は地域外に出ることを禁じられる」と、述べた。感染者が確認されたコンドミニアム2か所やクラブのある地域は今朝の2時から封鎖されているようだ。

 首相は、国民に対し、3つの予防策(公共の場でのマスク着用、手指洗い、1.5メートル間隔のソーシャルディスタンス)を改めて呼びかけた。また、結婚式や集会は禁止せず、国内旅行も制限はしないが、常にこの対策を心がけるように伝えた。


(参考:https://www.khmertimeskh.com/50816153/prime-minister-orders-emergency-measures-to-contain-3rd-community-outbreak-of-covid-19-32-new-cases-total-now-516/

https://www.khmertimeskh.com/50816126/cambodias-3rd-community-outbreak-in-phnom-penh-sees-32-covid-19-positive-cases-in-10-hours/ https://www.khmertimeskh.com/50816133/prime-minister-insists-on-health-measures-or-face-closure-of-schools-and-receptions/ 

ロコモ社提供情報


raffles logo.jpg

​プノンペンの物件探しはお任せください。

カンボジアでの銀行手続きをすべて日本語でサポート

​詳しくはバナーをクリックして要項をご覧ください!

​ジャパンデスクまでお気軽にお尋ねください。

​新モデルルームをオープン!バナークリックで詳細を

​日本人常駐。信頼と実績の専門医。

​海外旅行保険対応(キャッシュレス)

ビジネスのトータルサポート