【2月4日(木)】新型コロナのワクチン第一便は日曜に到着


 カンボジアのフン・セン首相は4日、中国製の新型コロナのワクチン60万回分が2月7日に到着することを明らかにした。中国がカンボジアに提供を約束した100万回分のうちの一部。

 フン・セン首相は、自身のフェイスブックページに投稿したボイスメッセージで、「保健大臣から、新型コロナワクチンの到着について報告を受けた。私自身がワクチンを受け取りに行くつもりだ」と、述べた。

 フン・セン首相は、国民に、ワクチンへの信頼感を身をもって示すため、自分が国内ワクチン接種の第一号になることを宣言している。クメールタイムズ紙によると、首相へのワクチン接種は2月10日になる見込みだ。

 首相によれば、カンボジア国民へのワクチン接種は無料で、任意ベースになる。医療関係者や軍医らが、適切なワクチン接種のための訓練を受けているという。


(参考:https://www.khmertimeskh.com/50810669/first-batch-of-chinese-vaccine-due-to-arrive-this-sunday


raffles logo.jpg
starts logo big.png

​プノンペンの物件探しはお任せください。

カンボジアでの銀行手続きをすべて日本語でサポート

​詳しくはバナーをクリックして要項をご覧ください!

​ジャパンデスクまでお気軽にお尋ねください。

​日本人常駐。信頼と実績の専門医。

​海外旅行保険対応(キャッシュレス)

ビジネスのトータルサポート