【2月12日(金)】カンボジアのコロナ感染者479人に


 カンボジア保健省によると、2月12日朝現在の新型コロナウイルス感染者は国内で479人となった。このうちタイから帰国したカンボジア人感染者は89人になっている。また、10日から始まったワクチン接種では2日間で444人が接種した。

 保健省によると、累計479人の感染者のうち、463人がすでに回復している。死者はいない。タイからの帰国者については昨年12月より感染者が増え始めたが、政府はポイペトなどタイ国境での防疫態勢を強化して対応している。

 カンボジアには2月7日、中国から寄贈されたワクチン60万回分が到着した。接種の対象者は15歳以上59歳以下に限られ、さらに国軍、政府高官、医療、報道関係者など特定のグループが優先されている。

中国はカンボジアに対して合計100万回分のワクチン提供を表明している。また、インド政府も10万回分のワクチンの寄付を表明した。


(参考:https://www.khmertimeskh.com/50813685/migrant-workers-covid-19-cluster-in-cambodia-increases-to-89-with-one-new-case-as-4-more-patients-recover-442-vaccinated/



​海外旅行保険対応(キャッシュレス)

​日本人常駐。信頼と実績の専門医。

raffles logo.jpg

日系初の日本人医師によるクリニック

カンボジアでの銀行手続きをすべて日本語でサポート

starts logo big.png

​プノンペンの物件探しはお任せください。