Soriya★サッカーよもやま話②~アジアでがんばる日本人選手たち

 皆さん、こんにちは。

Soriya Football連載の2回目、どうぞ宜しくお願いします。

 年も明けて色々なことが動き出し、サッカー界でも様々なニュースが飛び交っておりますね。Jリーグも各チーム練習を開始し、世界中で有名な選手の移籍が話題になっておりますが、カンボジアのプロチームも来るべく2021シーズンに向けて既に練習が始まっております。国内ではプレシーズンのミニ大会が開催され、先日のSiem Reap Charity CupではVisakha FCが優勝。

 プロサッカーの世界ではこのプレーシーズンの準備中にどれだけいい補強ができ、いい練習を積み上げてコンビネーションを高められるかがポイントとなってきます。近年では外国人監督も積極的に取り入れているカンボジアの各チーム。外国サッカーの要素も取り入れながら、シーズンが始まってからの各チームの修正力もみものです。

 実はプノンぺンにはプロリーグが開催されるサッカースタジアムがいくつかあるのをご存知ですか? 少し足を運べば今のカンボジアサッカーの熱気を感じることができるんです。

 私どもがカンボジアでサッカーの活動を始めたのは約10年前。当時は将来サッカー選手になりたいという子供はあまりいなかったのですが、今ではずいぶんとたくさんの子供達が憧れの職業としてサッカー選手をあげてくれるようになりました。是非今年の国内リーグと代表チームの盛り上がりに期待したいと思います。

 さて今回も初回に続き、私Soriyaの斉藤がインタビューさせて頂いた今までカンボジアリーグで活躍した選手の皆さんを動画で紹介させて頂きますので、よろしければお付き合いください。

 今回は2017年にインタビューさせてもらった柳舘知選手(Police Commisary所属)です。


【Soriya Football Academy】

2012年にカンボジア法人設立以来、様々なサッカー事業に取り組ませて頂いております。Soriyaとはクメール語で太陽の意味で、太陽のような元気いっぱいのエネルギーと笑顔をサッカーを通じて皆さんに届けていきたいと思います。活動の詳細については以下をご覧ください。

<活動内容>

-サッカースクールの運営(U6~U18)

-フットサル(個人参加型: 初心者・経験者・子供・大人・女性)

-スポーツイベント(サッカー大会、フットサル大会)

-スポーツマーケティング

-サッカー普及活動

-CSRサッカー活動(孤児院やフリースクール訪問)

<もっとSoiryaを知って頂きたい↓>

FacebookSoriyaの日々の活動をチェック 

TwitterSoriya君がつぶやいてます @soriya_football

Soriya Football Youtube ChannelSoriya Familyがあんなことやこんなことを



​海外旅行保険対応(キャッシュレス)

​日本人常駐。信頼と実績の専門医。

raffles logo.jpg

日系初の日本人医師によるクリニック

カンボジアでの銀行手続きをすべて日本語でサポート

starts logo big.png

​プノンペンの物件探しはお任せください。