市中感染、新たに58人の感染者【2月25日(木)】

 カンボジア保健省は2月25日朝、プノンペンを中心とした「2・20市中感染」で、新たに58人の感染者が確認されたと発表した。今回の市中感染による感染者は合計で195人になった。

 クメールタイムズ紙によると、58人の内訳は、中国人41人、ベトナム人9人、カンボジア人5人、韓国、シンガポール、日本人がそれぞれ1人。また、これに伴い、カンボジア保健省は、感染者が確認されたプノンペン都内の合計63カ所を封鎖している。

 これとは別に確認された新規感染者が7人いた。1人が国連平和維持活動から帰国したカンボジア人、6人がシアヌークビル滞在から帰国する目的で検査をしたところ感染が確認された中国人だった。

 カンボジア国内の新型コロナ感染者は累計で697人となった。死者はおらず、477人が回復している。

 

(参考:https://www.khmertimeskh.com/50817968/195-february-20-community-event-covd-19-positive-cases-reported-total-tally-now-including-imported-cases-reach-697/







raffles logo.jpg

​プノンペンの物件探しはお任せください。

カンボジアでの銀行手続きをすべて日本語でサポート

​詳しくはバナーをクリックして要項をご覧ください!

​ジャパンデスクまでお気軽にお尋ねください。

​新モデルルームをオープン!バナークリックで詳細を

​日本人常駐。信頼と実績の専門医。

​海外旅行保険対応(キャッシュレス)

ビジネスのトータルサポート