シアヌークビルを封鎖 新型コロナ感染拡大で/物流や救急車は妨げず(3月4日)

 

 クメールタイムズ紙によると、プレアシアヌーク州は3月4日、シアヌークビルへの一般の往来を禁止すると発表した。期間は3月4日から当面の間。同州の声明によると、シアヌークビルは完全にロックダウンされるわけではなく、物資輸送のトラックや救急車などの交通は許可されるという。

 2月20日に発生したプノンペンを中心とする新型コロナの市中感染は、シアヌークビルにも広がっており、3月4日朝には18人の新規感染者が確認された。中国人が12人、カンボジア人が5人、ベトナム人が1人だった。この18人を含めると、2・20市中感染の陽性者はシアヌークビルだけで75人にのぼる。また、市中感染とは関係のない感染者を含めると、これまでにシアヌークビルで陽性と診断された人は80人になった。

 州当局は、シアヌークビルでの感染拡大が深刻なものと判断。これ以上の感染拡大を防ぎ、感染者の濃厚接触者を追跡しやすくするために、封鎖措置に踏み切ったとしている。(写真はシアヌークビルのプサー・ルーの消毒の様子)


(参考;https://www.khmertimeskh.com/50820768/sihanoukville-close-to-travellers-due-to-covid-19-outbreak/

 










raffles logo.jpg
starts logo big.png

​プノンペンの物件探しはお任せください。

カンボジアでの銀行手続きをすべて日本語でサポート

​詳しくはバナーをクリックして要項をご覧ください!

​ジャパンデスクまでお気軽にお尋ねください。

​日本人常駐。信頼と実績の専門医。

​海外旅行保険対応(キャッシュレス)

ビジネスのトータルサポート