【日本へ帰国する方】陰性証明が必要です(3月11日)


在カンボジア日本国大使館よりお知らせです。


★★★★★

カンボジアに滞在中の皆様


3月5日、日本の水際対策強化に係る新たな措置が発表されました。

https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2021C040.html

主な変更点は、以下のとおりです。ご帰国に際しては、本措置に基づき帰国準備をされるようにしてください。


【陰性証明書】

3月19日以降、陰性証明書を所持していない場合、日本人を含めて、入国は認められません。また、航空機への搭乗が拒否されます。

【参考】https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00209.html a2404

日本への帰国を予定されている方は、事前に陰性証明書を取得するようにしてください。

カンボジアにおける陰性証明書の取得方法については、以下のページをご覧ください。

https://www.kh.emb-japan.go.jp/itpr_ja/b_000361.html


【誓約書の提出とアプリのインストール】

入国時に提出が必要な誓約書(https://www.mhlw.go.jp/content/000749635.docx )について、日本の空港の制限エリア内にて、記載された連絡先の真正性の確認が実施されるとともに、スマートフォンにビデオ通話及び位置確認アプリのインストールが求められます。なお、スマートフォンをお持ちでない方については、スマートフォンを借り受けるよう求められます。


【入国後の自己隔離期間中のフォローアップ】

厚生労働省は、全ての入国者を対象とする「入国者健康確認センター」を設置し、入国者に対し、入国後14日間の待機期間中、健康フォローアップを実施します。具体的には、位置情報の確認(原則毎日)、ビデオ通話による状況確認(原則毎日)及び3日以上連絡が取れない場合等の見回りを実施します。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

『在カンボジア日本国大使館 領事班』

TEL: 023-217-161

URL: https://www.kh.emb-japan.go.jp 

e-mail: consular.jpn@pp.mofa.go.jp 


『在シェムリアップ日本国領事事務所』   

TEL: 063-963-801 

e-mail: consuljp.rep@re.mofa.go.jp 


raffles logo.jpg
starts logo big.png

​プノンペンの物件探しはお任せください。

カンボジアでの銀行手続きをすべて日本語でサポート

​詳しくはバナーをクリックして要項をご覧ください!

​ジャパンデスクまでお気軽にお尋ねください。

​日本人常駐。信頼と実績の専門医。

​海外旅行保険対応(キャッシュレス)

ビジネスのトータルサポート