保健省指定の場所、マスクの着用など義務化(3月15日)



 クメールタイムズ紙によると、カンボジア保健省は3月12日、同省が指定した場所においてマスク着用やソーシャルディスタンスを義務付ける政令を出した。これに違反した場合は、警告のうえ、$50から$250の罰金が課せられる。

 同紙の報道によると、対象は個人のほか、ビジネスオーナーや、集会(スポーツイベントや宗教行事)などの主催者も含まれる。ビジネスオーナーには$100から$1250の罰金が課せられる。集会の人数制限は具体的に指定されていないが、ソーシャルディスタンスを保つことができる人数、とされているようだ。


(参考:https://www.khmertimeskh.com/50824686/mask-up-or-pay-up-hefty-fines-for-those-who-flout-virus-prevention-rules/) 













カンボジアでの銀行手続きをすべて日本語でサポート

starts logo big.png

​プノンペンの物件探しはお任せください。

​ジャパンデスクまでお気軽にお尋ねください。

raffles logo.jpg

​日本人常駐。信頼と実績の専門医。

​海外旅行保険対応(キャッシュレス)

ビジネスのトータルサポート

社会貢献者表彰 推薦募集中!