なるほど、そうか! 人事の小ネタ ⑤ 

会社任せの人生にしないために

 

 現在、入社以来20~30年、教育研修という機会がなかった企業中間管理職の方々向けに、「経営幹部候補として、これまでとは違う視座で事業に向かってほしい」という経営トップからの意向を受けたプロジェクトが進行しています。これまで、日々の仕事を早く正確に行うことを一番の成果としてこられた方々ですので、急転直下の会社の変革へのギアチェンジに直面し、皆さんには大きな戸惑いと期待が入り混じっています。

 かつては、「新卒で入社した会社で長く勤め上げること」は美徳でもありました。ところが、今は、これまで先輩たちが築いてきたレールをそのまま進んでいたら、突然、レールが切れたり、行き先が変更したりする時代です。これをポジティブに捉えると、転職を考えている/いないは関係なく、誰もがこれまでの仕事を振り返ることで、これからの仕事人生を考える良い機会ともいえます。

 さて、これまでの仕事を振り返る時、「長い間、一つの会社でこれだけをやってきたから、自分はこれしかできない」というこの思い込みを疑うところから始めるのがよさそうだ、というのが私の実感です。

 そのために、これまでの経験を、「~の知識をつかって」「何を」「誰に対して」「どのように」「~できる」「~してきた」というように要素を分解してみます。その上でそれぞれの要素に、これまでの経験とは違う言葉が当てはまらないかを探してみます。

人は長く一つの仕事に邁進していると、気付かないうちに固定概念に縛られて、可能性を小さく見積もってしまいがちですが、意識を外へ向けると、新しい可能性が拡がるものです。ぜひ頭を柔らかくして自由に発想してみて下さい。

 「飛び抜けた強み」を持っている人は少ないですが、いくつかの「ちょっとした」特徴を掛けあわせることで強みに変化させられる可能性は、多くの人が持っています。そこに「新しいことへの挑戦」というスパイスを振りかけてみましょう。新しいことをやってうまくいかなかった後悔は日々小さくなりますが、やらなかった後悔は日々大きくなるものです。

 これからの人生を楽しむためには、仕事人生を会社任せにはしない。

 今、等身大でお伝えしたいメッセージです。


梶原温美 Kajihara Harumi

1987年より2016年までメーカー(日系・外資系)、コンサルティングファーム、ベンチャー企業で主に人事職として働く。2016年より株式会社小野田コミュニケーションデザイン事務所に加入、同時期に、障がい者雇用を企業側から支援する事業を開始。キャリアコンサルタント資格保有。横浜在住歴20年超。「横浜は古さと新さの両方が違和感なく共存しているところが好き。現職の事業でカンボジアをたびたび訪れて大好きになりました!」

小野田コミュニケーションデザイン事務所

HP: https://www.onodacom.co.jp/

住所:〒244-0801 神奈川県横浜市戸塚区品濃町524-13-408

電話: +81-45-826-5110

メール:​info@onodacom.co.jp


raffles logo.jpg
starts logo big.png

​プノンペンの物件探しはお任せください。

カンボジアでの銀行手続きをすべて日本語でサポート

​詳しくはバナーをクリックして要項をご覧ください!

​ジャパンデスクまでお気軽にお尋ねください。

​日本人常駐。信頼と実績の専門医。

​海外旅行保険対応(キャッシュレス)

ビジネスのトータルサポート