2.20市中感染 新規感染者41人、合計236人【2月26日】

 クメールタイムズ紙によると、2月20日に確認されたプノンペンでの市中感染「2・20事案」は、26日朝までに新たに41人が陽性と診断され、感染者は合計で236人になった。カンボジア国内では3回目の市中感染になるが、感染者数としては最大の規模となった。

さらに教育青年スポーツ省は22日朝、一部の公立・私立学校を「2・20事案」に関連して一時閉鎖とすることを決め、通達した。これらの学校の関係者に、感染者や、感染者と同じコンドミニアムに住む人たちがいることなどが理由。

カンボジアの累積感染者数は26日現在、701人で死者はいない。

プノンペン都内とシアヌークビルでは、感染者が確認された建物やコンドミニアムを封鎖している。プノンペンでは63カ所以上にのぼる。一覧はこちら地図はこちら


(参考:https://www.khmertimeskh.com/50818459/cambodias-covid-19-february-20-community-event-continues-to-wreck-havoc-with-40-new-cases-tally-now-236-total-now-701/








raffles logo.jpg
starts logo big.png

​プノンペンの物件探しはお任せください。

カンボジアでの銀行手続きをすべて日本語でサポート

​詳しくはバナーをクリックして要項をご覧ください!

​ジャパンデスクまでお気軽にお尋ねください。

​日本人常駐。信頼と実績の専門医。

​海外旅行保険対応(キャッシュレス)

ビジネスのトータルサポート