プノンペン都、夜間外出禁止初日に33人を取り締まり(4月3日)


 午後8時から午前5時までの夜間外出禁止が始まった4月1日、プノンペン当局は33人を取り締まった。クメールタイムズ紙が伝えた。

 同紙によると、33人は外出禁止令違反であることを告げられたうえで、自宅で14日間の隔離をするように指示された。また、乗っていたバイクや車両は押収され、14日間の隔離期間終了後に戻されるという。

 また、同紙によると、1日の夜間外出禁止の時間帯には、病院に親族を見舞って戻る途中だった人、帰宅中の外交官で有効な証明書を持っていた人は、通行を許可されたという。(写真は、トゥールコック地区での取り締まりの様子=クメールタイムズ紙)


(参考:https://www.khmertimeskh.com/50833733/33-people-caught-violating-curfew-in-two-pp-districts/







raffles logo.jpg

​プノンペンの物件探しはお任せください。

カンボジアでの銀行手続きをすべて日本語でサポート

​詳しくはバナーをクリックして要項をご覧ください!

​ジャパンデスクまでお気軽にお尋ねください。

​新モデルルームをオープン!バナークリックで詳細を

​日本人常駐。信頼と実績の専門医。

​海外旅行保険対応(キャッシュレス)

ビジネスのトータルサポート