タイ国境の違法越境が急増(8月25日)

 カンボジア西部のバッタンバン、バンテアイミエンチェイなど国境州によると、タイとの国境において2021年1月から7月までに、200件以上の違法出入国が記録された。クメールタイムズ紙が報じた。前年の同じ期間の違法越境は70件余りで、前年と比べて3倍近く増えたという。

 同紙によると、800キロ余りに及ぶタイ国境には多くの「違法越境ポイント」がある。こうした場所ではタイでの仕事をあっせんする仲介者がおり、600ドルから1000ドルの費用を払って違法にタイに入国させるケースが後を絶たないという。

 新型コロナの感染対策で国境警備を強化したことも、摘発数増加の背景にはあるとみられる。カンボジア国内ではデルタ株による感染が拡大しており、その感染者の多くが帰国した移民労働者といわれる。違法出入国が感染拡大をさらに深刻化させることも懸念される。


(参考・

https://www.khmertimeskh.com/50922421/more-than-200-cases-of-illegal-border-hoppers-between-cambodia-and-thailand/






raffles logo.jpg

​プノンペンの物件探しはお任せください。

カンボジアでの銀行手続きをすべて日本語でサポート

​詳しくはバナーをクリックして要項をご覧ください!

​ジャパンデスクまでお気軽にお尋ねください。

​新モデルルームをオープン!バナークリックで詳細を

​日本人常駐。信頼と実績の専門医。

​海外旅行保険対応(キャッシュレス)

ビジネスのトータルサポート