カンボジアで「セブンイレブン」が開店(9月1日)

 カンボジア国内で初めてとなる「セブンイレブン」が8月30日、プノンペン都内に開店した。初日には、雨にもかかわらず夜間まで多くの人が訪れた。クメールタイムズ紙が報じた。



 セブンイレブンの1号店は国道6A、チュロイチョンバー地区にある。タイのCP All Public Co.Ltd.(以下:CP All)の子会社であるCP ALL (Cambodia) Co., Ltd.(以下:CP All(Cambodia))がマスターフランチャイズ契約を締結した。CP All(Cambodia)は、タイのセブン‐イレブン運営会社としてチャロン・ポカパン・グループによって設立された。タイ国内では1989年以来、12,000店舗を展開している。

 クメールタイムズ紙によると、初日に訪れた客は、スナック、ヌードル、ソフトドリンク、化粧品や日用品を購入していたという。スタッフは店長を除いてカンボジア人で、英語や中国語またはタイ語を話すことができるという。

 カンボジアにはすでにコンビニエンスストアとして、カンボジア資本のスマイルミニマートやラッキーエクスプレス、米・カナダ系のサークルK、キウィマート、日系のイオンマックスバリュなどが店舗展開している。

※写真はセブンイレブンカンボジアのFBより。


(参考:https://www.khmertimeskh.com/50927061/first-7-eleven-draws-crowds-on-opening-day-despite-heavy-rainfall/







raffles logo.jpg

​プノンペンの物件探しはお任せください。

カンボジアでの銀行手続きをすべて日本語でサポート

​詳しくはバナーをクリックして要項をご覧ください!

​ジャパンデスクまでお気軽にお尋ねください。

​新モデルルームをオープン!バナークリックで詳細を

​日本人常駐。信頼と実績の専門医。

​海外旅行保険対応(キャッシュレス)

ビジネスのトータルサポート