世界クリーンアップデープノンペンなどでごみ拾いの活動広がる(9月25日)

 9月18日、世界クリーンアップデーに当たるこの日、市民のボランティアたちがプノンペンのチュロイチョンバー地区でごみ拾いをした。

 新型コロナウイルスの感染予防のため、1グループ15人ずつに分かれて行動。クメールタイムズ紙によると、こうしたボランティアのごみ拾いが100カ所以上に点在して公園やリバーサイドでごみを拾い、プラスチックやたばこの吸い殻など、約8トンが回収されたという。=写真はクメールタイムズ紙より


 プノンペンのほか、多くのボランティアたちがバッタンバンやバンテアイミエンチェイ、オッドーミエンチェイ、コンポンチュナンの各州で同様の活動をしたという。主催者の一人は、「都市問題を指摘するだけではなく、行動することが大事。こうしたイベントなら一人でも参加できるし、何より大事なのはごみを捨てないことだ」と、話す。

 世界クリーンアップデーは、2018年にエストニアを拠点とする組織が始めたイベント。カンボジアを含む多くの国がこの活動に参加している。

 環境省によると、プノンペンでは1日に回収されるごみ約3600トンのうち、20%以上がプラスチックごみ。こうしたプラスチックごみは水路や下水道に流され、洪水のリスクにつながっている。

 海岸沿いの地域では、プラスチックごみの問題はさらに深刻だ。カンボジアの海岸で回収されるごみのうち、実に80%がプラスチックごみだという。生活のみならず、観光など産業にも大きな影響を与えている。


(参考:https://www.khmertimeskh.com/50937897/caring-citizens-residents-join-to-clean-litter-on-streets-and-parks-in-kingdom


 








raffles logo.jpg

​プノンペンの物件探しはお任せください。

カンボジアでの銀行手続きをすべて日本語でサポート

​詳しくはバナーをクリックして要項をご覧ください!

​ジャパンデスクまでお気軽にお尋ねください。

​新モデルルームをオープン!バナークリックで詳細を

​日本人常駐。信頼と実績の専門医。

​海外旅行保険対応(キャッシュレス)

ビジネスのトータルサポート