カンボジアの新型コロナ,オミクロン株感染は減少傾向に(3月20日) 

 カンボジア保健省によると、国内の新型コロナの新規感染者数は減少傾向にある。2月に始まったオミクロン株による感染の波は続いているものの、新規感染者数は1日100人以下に減っている。

 クメールタイムズ紙によると、新規感染はほぼすべて市中感染だという。カンボジア国内の感染者数の累計は14,000人余りで、輸入症例は1,343人、市中感染は13,438人となっている。また、現在も治療中の人は国内で1,000人程度いるという。

 カンボジアでは2月初めからオミクロン株によるとみられる感染者が急増し、2月下旬には600人近くにまで増加した。しかしそのころがピークで、あとは急速に減少している。

 カンボジアは3月16日、ワクチン接種が完了した人を対象に、入国制限を緩和した。これまで必要だった新型コロナ陰性証明や強制隔離が不要になり、到着時に滞在ビザを取得できるようにもなった。ワクチン未接種者に対してはこれまで通り、陰性証明や隔離が求められる。

(参考:https://www.khmertimeskh.com/501044643/omicron-cases-below-100-for-first-time-since-february-4th/

 










raffles logo.jpg

​プノンペンの物件探しはお任せください。

カンボジアでの銀行手続きをすべて日本語でサポート

本年度の募集は締め切りましたが、応募は通年受け付けております

​ジャパンデスクまでお気軽にお尋ねください。

​新モデルルームをオープン!バナークリックで詳細を

​日本人常駐。信頼と実績の専門医。

​海外旅行保険対応(キャッシュレス)

ビジネスのトータルサポート