フン・セン首相「ロシアのウクライナ侵攻に反対を」在外外交官に指針(3月23日) 

 カンボジアのフン・セン首相は3月23日、国道の開通式のあいさつの中でロシアによるウクライナ侵攻を批判し、世界各地の我が国の外交官に対し、ロシアとウクライナの対立については、ロシア軍によるウクライナ侵攻に反対の姿勢を示すよう指示を出した。


 クメールタイムズ紙によるとフン・セン首相は、「その行為に賛同することは、強者が弱者を侵略するという悪い前例を支えることになる」と、武力による侵攻を厳しく批判した。

 

 カンボジアは3月初め、国連総会の緊急特別会合で採択されたウクライナに対する侵略決議を日本と共同提案した。フン・セン首相は、3月20日にカンボジアを訪問した日本の岸田文雄首相と会談した際の共同声明でも、ロシアによるウクライナ侵略は重大な国連憲章違反であり、武力行使の即時停止と、ロシア軍のウクライナからの撤退を求めた。


(参考:https://www.khmertimeskh.com/501046391/pm-tells-cambodian-diplomats-to-stand-against-russias-invasion-of-ukraine/










raffles logo.jpg

​プノンペンの物件探しはお任せください。

カンボジアでの銀行手続きをすべて日本語でサポート

本年度の募集は締め切りましたが、応募は通年受け付けております

​ジャパンデスクまでお気軽にお尋ねください。

​新モデルルームをオープン!バナークリックで詳細を

​日本人常駐。信頼と実績の専門医。

​海外旅行保険対応(キャッシュレス)

ビジネスのトータルサポート